であう、ふれあう、想いあう。

住まいと出会い、住まいでふれあう、そして住まいから想いあう。
私たちは「住まい」を基軸に、デザインから空間づくり、アフターケアまで行っているライフクリエーターズ集団。

常識にとらわれない住まいづくりとは、決して特別なことをするのではなく、家という本質を根本から考え
本当に幸せを創造すること。
私たちの挑戦はきっと人々の価値観により近いカタチで次世代の住まいを変えていく。

それが、cotohaが想うセオリーである。

株式会社cotoha ブランドセオリー

言の葉



美しい日本の言葉。単なる言語ではなく、おもてなし日本の美意識を表す。
人と人のふれあい、葉のように広がる様子。

事の栄



何かのできごとは、無意味に行うわけではなく、華麗なる成果を求める。
行う事の繁栄を祈るという願い。

株式会社cotoha ブランドセオリー

ともゑ



日本の伝統文様である二つ巴(ともゑ)をモチーフに図案化したシンボールマーク。
古来から縁起のいい家紋として神社などにも用いられてきました。

cotohaの"c"を回転させて創られたシンボールマークは、人と人、心と心が結ばれ永遠に広がっていく様を表現。

さらに、私たちが一丸となって成長ともに発展して意も内包しています。

株式会社cotoha ブランドセオリー

日本の伝統色



配色は日本の伝統色、赤橙(あかだいだい)と小豆色(あずきいろ)を起用しています。

赤橙は、熟した聖業を意味するもので、小豆色は、祈願の色として江戸時代から愛用されてきました。

「末長く結ばれる」という願いを込めた配色です。

株式会社cotoha ブランドセオリー